「ワーク・ライフ・バランスを考える」ワークショップに参加して

2009年6月7日   カテゴリー: 日記

午後から神戸大学大学院経営学研究科、
現代経営学研究所で開催された
「ワーク・ライフ・バランスを考える」ワークショップに参加。

上記研究科教授でワーク・ライフ・バランスにも造詣の深い上林先生の司会で、
この5月に東レ経営研究所にダイバーシティ&ワークライフバランス部長として就任された
渥美由喜先生(元富士通総研主任研究員)のご講演、
大阪の株式会社プロアシスト代表取締役の生駒京子社長
ならびに兵庫県経営者協会労働政策部長の山川四郎氏による実態報告、
このお三方によるパネルディスカッションが行われた。
午後1時半から5時までの時間が大変短く感じられる、
充実したワークショップであった。
日曜にもかかわらず、
県内外の企業や個人あわせて約50名の方が参加されており、
改めて世間でのワークライフバランスへの関心の高さを痛感した。

渥美先生とお目にかかるのは久々のこと。
真新しいセンターの名刺を渡し、近況報告をさせていただいた。
『これからもお世話になると思いますのでどうぞよろしく』とお願いすると、
『北尾さんのためなら、いつでも喜んで』と温かいお返事を頂戴した。

生駒社長のお話も、自社の状況をオープンにご紹介くださり、
説得力に富む内容だった。
長年にわたり会社経営に携わられ、
組織を活性化、拡大しながら順調にビジネスを構築されてきたというお話を伺い、
新米社長(恥ずかしながら、この6月3日付けで、株式会社ダイバーシティオフィスKITAOを設立)
としては見習うべき点を発見し、有意義な時間が過ごせた。


初ブログ!

2009年6月3日   カテゴリー: 日記

[写真]テープカット

今日は、「ひょうご仕事と生活センター」の開所式。
でも私は今年の初めに広島労働局雇用均等室から依頼を受けていた
ダイバーシティの講演のために、一路、福山へ日帰り出張。
今月は男女共同参画月間。
その月間行事として、男女雇用機会均等セミナーが開催されたのだ。
加えて、今年の4月1日から改正された次世代法
(次世代育成支援対策推進法)に関する説明があり、
多くの方が参加されていた。
参加者の皆様の私の講演に対するご感想は、
アンケート結果によると、おおむねご満足いただけたようで、ひと安心。

去年の11月に受講した「アクション・ラーニング」の研修で
同じグループだった三原市でお勤めの女性の方や、
去年の10月に士業の方たちを対象に、
ダイバーシティの講演をした際に参加されていた
福山市の社労士の女性の方が、
私が講演すると知って、わざわざ参加してくださっていたことに感動。

[写真]センター看板

開所式での東大社会科学研究所の
佐藤博樹教授のご講演も拝聴したかったのだが、
同じ日に自分が講演をすることになっていたのではどうしようもない。
佐藤教授のご講演は、P&G在職中に一度拝聴する機会があったが、
もう5年も前のこと。
次の機会を待つことにしよう。

開所式も無事に終わり、
いよいよ「ひょうご仕事と生活センター」での仕事が始まる。
私とスタッフ〔常勤1名、非常勤3名〕を含めて5人の船出だ。
8月からは新たにもう1名、常勤スタッフが加わることになっている。
気持ちを引き締めて、前進あるのみ!