休日返上?!

2009年9月24日   カテゴリー: 日記

新政権発足以来、新閣僚の方々の動きが活発になっているようだ。
シルバーウィークの間に、TVで何度も報道されたニュースについて、
ワーク・ライフ・バランスの実現を推進する立場の者として
やや気になることが…..。

新任の財務大臣や国土交通大臣が休日返上で、会議を開催された
というニュース。春のゴールデンウィークに匹敵する、
秋のシルバーウィーク。せっかくの長い休みなのに休日返上とは…。

彼らが会議を開くということは、その会議に参加される関係者の
方たちも休日返上。そして、彼らと一緒に行動されている警備の
方たちや秘書の方たちも休日返上の筈。
はたして、皆さん、ちゃんと代休は取られたのだろうか…..?! 

翌祭日のニュースでも、国土交通大臣が、問題のダムの視察で
現地入りとの報道。迎えられた自治体の方たちもまた休日返上。

国をあげてワーク・ライフ・バランスの実現を推進しようと
している矢先に、率先垂範して欲しい立場の方たちの行動が
このありさまでは、説得力に欠ける気がする….。

ワーク・ライフ・バランスの講演の中で、私がいつも話している
ことをまた思い出した。
『ワーク・ライフ・バランスの実現は、人によって多種多様な形
で存在するもので、個人の選択の上に成り立つものである。
ただし、以下の場合は要注意!
*自分の仕事の進め方で、周りの人の仕事を増やす場合。
*周りの人に、自分と同じように行動しないといけないと
 思わせるような影響を与える場合。』
この言葉、休日返上の大臣たちに聞かせたいかも…..。


出さないと入らない!

2009年9月23日   カテゴリー: 日記

早朝ピラティスで先生がおっしゃった言葉。
「出さないと入らないですからね。」
ピラティスは深呼吸をしながら、無理なく体を動かす運動。

先生がおっしゃった言葉の意味は、ちゃんと十分に息を
吐き出さないと、十分に息を吸い込めないということ。
十分に息が吸えないということは、十分に吐けないという
ことで、これでは深呼吸ではなく、まさに悪循環となる。

この言葉、結構深~い意味があることに気付いた。
ワーク・ライフ・バランスの講演をする時にいつも話すこと
を思い出した。
『1日は誰にとっても24時間。その中で、何か新しいことを
するためには、何かしていることを追い出さないと(つまり
今していることをやめないと)ダメだということ。』

人間の脳のキャパシティ(容量)にも限度があるため、何かを
忘れないと新しいことは入らない(あるいは入っても残らない)
という話もどこかで聞いたことがある。

『出さないと入らない。』
シンプルだけど、含蓄のある言葉だ。


相談員によるワークショップ開催!

2009年9月20日   カテゴリー: 日記

9月某日 14時~18時(4時間)
ひょうご仕事と生活センターの優秀な相談員2名が、ある企業様で
企業内研修を開催!

今回、ご依頼をいただいた企業様では、下記目的を達成するために
ワークショップ形式の企業内研修の開催を望まれていた。

研修目的:
「会社の問題点はどこにあるのか?」というテーマのもと、
労働組合執行役員たちの中で、その答を明白にしていくこと。

研修の進め方として、まず労働組合の理念と役割について、皆さんで
確認し合っていただき、そのあと、いったい何が課題なのかについて、
参加者全員で話し合いを実施。そして、その結果、明白になった課題
に対して、課題解決の優先順位をつける作業をしていただいた。

今回の研修で、多く出された課題は、下記の通り。
① 役員や上司が多すぎる、または彼らの能力に疑問がある
② 人員不足
③ 部署内で人材育成が十分にできていない
これって、他の企業様でも出てきそうな課題では?

限られた時間では、課題解決のためのアクションプランの作成までは
完了できなかったが、今後は、明白になった課題に対して、労働組合
執行部の方たちが、解決に向けて、引き続き、取り組みを続けて
いかれることが決まった。今後の皆さんの成果に期待したい。


あっ、こけた!

2009年9月14日   カテゴリー: 日記

先週末のこと、駅の階段で、
少し離れて階段をおりていた女性が、
突然、前につんのめるように、
四つん這い状態でこけた!

右手にハンドバッグ、そして、左手には、
お約束の携帯電話。

助けに行こうとしたが、すぐにスックと立ち上がり、
左手にはまだしっかりと携帯電話を握ったまま、
急いで下まで下りて行かれた。

両足にはかなりの打撲痛があったと思うが…..。

幸いなことに、周りにあまり人がいなかったので、
巻き添え事故は起きなかったが….。
あの方は、多分、携帯電話を見ながら、または、
メールを打ちながら、前を見ないで下りていたのだろう。

最近、駅や往来で、携帯電話を片手に、画面を見ながら、
あるいは、操作をしながら歩いている人の多いこと!
前を見ないで歩けることがスゴイ。
(実はちゃんと歩けていない人も、結構いたりする。)
そして、階段を下りる時は要注意だ。

確かに便利な携帯電話。
いまや携帯電話のない生活なんて考えられない
と言っても決して過言ではない。
ただ、使い方を誤ると大事故につながることも…。

いとも便利な文明の利器が、自分や周りの人を
傷つける凶器にならないようにだけはしたいもの。


マイ(My)箸

2009年9月7日   カテゴリー: 日記

CIMG1301

ひょうご仕事と生活センターでのランチ。
お弁当持参のスタッフにあわせて、
時々、近くのコンビニで購入し、一緒に食べる。

今までは、使い捨ての割りばしをもらっていたのだが、
もったいないなと気になっていた。
そしてついに先週、マイ・箸ゲット。
少しリッチな気分が味わえるようにと、
ちょっと高価な黒檀製で、おそろいの箸箱も購入。

食べ物のように、その場で試食をして
購入するわけにはいかないので使い心地が気になり、
結構、時間をかけて慎重に選んだ。
使ってみたが、
なかなか口当たり(っていうのかな?)も良く、
我ながら良い選択と大満足。

CIMG1305

今日レジで、「お箸は結構です」と言うと、
店員さんが「ありがとうございます」と
笑顔を見せてくださった。
たいしたことをしたわけではないが、
そう言われると、なんだか嬉しい。

これからも、私にできるエコ対策を実行していこう。


ファッションショー

2009年9月6日   カテゴリー: 日記

友人が店長をしている海外高級ブランドブティックで、
秋冬物のファッションショーを開催するので、
もし良かったら見に来て、と誘われた。

ちょうど近くまで出かけていたので、
最終回に間に合うようにお店に急ぐ。

ブティックの2階が臨時のファッションショー会場。
既にお得意様とみられるお客様が何組か着席されている。
飲み物をいただき、一息ついた後、いよいよショーの始まり。

普通の人間と同じ量の内臓が本当にちゃんと
入っているのだろうか!と疑問が沸くような、
長身で超スリムなモデルさんたちが、
次から次へとゴージャスなドレスやスーツ、
コートやボレロを身にまとい、私なら5歩も歩けないだろうと
思えるようなハイヒールで颯爽と登場。

目の覚めるような鮮やかな真っ赤のドレスが素敵で
今も脳裏にちらつく。
でも残念ながら、今の私には、このドレス、
お値段もサイズもちょっと合わないかも~っ。

何はともあれ、少しの間でも優雅な雰囲気にひたれた、
素敵な午後のひとときを与えてくれた友人に感謝!


新センター長着任

2009年9月1日   カテゴリー: 日記

8月末まで
(財)勤労福祉協会の専務が兼任されていた
「ひょうご仕事と生活センター」のセンター長。

今日から、兼任ではなく専任の、
新センター長が着任された。

初日の今日、新センター長を囲み、
北尾組メンバーの紹介と
6月3日のセンター開所以来の
相談員チームの活動実績について報告。

新センター長はかつて
兵庫連合の会長をされていた方。
その当時、県と兵庫連合と兵庫県経営者協会の三者で、
多様な働き方推進モデル事業を進めるための
三者合意を交わされた際にも深く関わられていた。
P&G在職中に、県の行事で一度お会いしたことがある。
その時のことをよく覚えていてくださり、感激! 

センター長のご発言で一つ心に残った言葉が…..。
「人のために汗をかく。」 いい言葉だと思った。


初のオープンセミナー開催決定!

2009年8月31日   カテゴリー: 日記

先週末に、チラシがようやく完成!
なんのチラシかと言うと、
10月5日(月)~9日(金)の5日間にわたり、県下の5つの地域で開催する
センター(*)初の無料オープンセミナーの開催
案内のチラシ。PDFファイル(673KB)pdf

5会場すべてで、2つの会場に分けて、
前半は、二通りで、合計3種類の無料セミナーを実施。

1つの会場では、まず、
平成23年から、101人以上の企業にも提出が義務付けられる、
次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画
についての
セミナーを1時間。

その後、最近、多様な働き方の一つとして各方面で関心が高まっている
「チーム・ジョブ」についてのセミナーを30分。

もう一つの会場では、
じっくり1時間半をかけて、
社員のモチベーションアップ(向上)をはかるという
コーチング手法の基礎についてのセミナー。

後半は、ご希望の方に、社労士の先生方など外部専門家の方による
「無料なんでも相談会」を実施。
先週末には、各方面にチラシを発送。(お申し込み:PDFファイル(383KB)
今日、既に、3名の方から
参加申し込み書がFAXされてきて、
嬉しい限りだ。

幸先良し!

(* 文中のセンターとは、ひょうご仕事と生活センターのこと)


早朝ヨガリズム第2弾

2009年8月23日   カテゴリー: 日記

先月に引き続き、今月も早朝ヨガリズムに参加。ヨガマット

以前、同じ会社に勤めていて、
今も、プライベートでも仕事でもつながり続けているYさんが、
偶然、今回、初参加。今回のクラスは4人だけ。
Yさんと二人で並んで体を動かすこと1時間。

帰りは、Yさんをご自宅まで車で送り、
ジュースをご馳走に。
「朝から体動かすのって気持ちいいねぇ」と、しばらくおしゃべり。
最近、体脂肪も少し減ってきたようだ。
この早朝クラス、来月も二人で参加しようと決めた。


朝、駅で…..。

2009年8月17日   カテゴリー: 日記

朝、駅のホームで駅員さんが、
「おはようございます!」と大きな声で挨拶をされている。
今朝、初めて目にしたことではないが、少なくとも私が見た限り、
今までに誰かが挨拶を返していたことはない。
恥ずかしながら、私自身も。
でも、挨拶をされているのに返さないということが、
いつもずっと気になっていた。

海外では、ホテルやオフィスのエレベーターや廊下で出会った人から、
初対面でも必ずと言っていいほど、
“Good morning!(おはよう)”、“Good evening!(こんばんは)”と挨拶され、
その時は、自然に挨拶を返していた私なのに….。

夕方以降のエレベーターでの出来事。
先に降りる人が、“Good night!(おやすみなさい)”と挨拶。
寝るにはまだ早い時間なのに、とアメリカ人の友人に話すと、
「この後、あの人にはもう会わないでしょ。
そういう時には、Good nightって言うこともあるの」とのこと。
まぁ、Have a nice day!(良い一日を!)の夜版ってことだな。

日本の朝の駅の話に戻そう。
気になっていながら、
何も行動を起こさないというのは、
私の信条に反することなので、
今朝は、駅員さんの挨拶に「おはようございます」と挨拶を返した。
正直、なぜかちょっと勇気が要った。声も小さかった。
でも駅員さんにはちゃんと聞こえた筈だ。
明日は、もう少し大きな声を出してみよう。