母娘でアーツセラピー体験、その効果!

10月から森すみれ先生に拙宅までお越しいただき、
母と二人でアーツセラピーのセッションを受けている。
既に10月からの内容はアップしているが、
それぞれの効果について、もう一度振り返ってみよう。

10月に行きたい景色を描くということで、母が奈良に
行きたいということが判明。4ケ月は経過したものの、
無事に、2月7日に奈良に行けた。
おりしも、いっときではあるが、雪が降るような寒い日
ではあったが、昔からの知人と何十年ぶりかに再会。
美味しいランチをいただきながら、昔話に花を咲かせる。

その後、母、念願の鹿に触るという目的を果たすために
奈良公園に向かい、寒空の下ではあったが、楽しいひとときを
過ごすことができた。鹿せんべいを3束購入し、ひざの上に
置いていたため、それを狙って、あちこちからわんさかと
鹿がやってきた。あっと言う間に5-6匹の鹿に取り囲まれ、
嬉しい悲鳴をあげる母。その様子を面白がって撮影する韓国人
観光客も出てくる始末。

雪が舞い散る中、さすがに体が冷えてきたので、3束の
鹿せんべいをやり終えた後、近くの奈良ホテルの
ティーラウンジでお茶のひとときで暖を取る。
奈良ホテルに来るのなんて、何十年ぶりだろうか。
とても静かで心癒されるひと時を満喫し、一路帰宅の途に。
こうして、母が10月に描いた絵が現実となった。

11月には母のおなかのヘルニアの調子が良くなることを暗示する
アーツセラピーを受けた。その効果は、来月14日に腹腔鏡手術
を受けることで、母の体に実際に現れそうだ。

12月に、母へのクリスマスプレゼントとして描いた、母が猫を
抱く姿の絵。あの絵を描いて以来、今までは、めったに私たちに
寄り付かなかった黒猫のほうが、母が食卓に座っていると、その
足元に来て、母の足の間にまとわりつき、体をこすりつけながら
何度も往復するようになってきた。この様子だと、2匹の猫たちを
抱ける日もそう遠くはないのでは、と思える。

また、その日に同時に、母へのプレゼントとして描いたお寿司の絵も、
さっそく効果があった。1月に歌舞伎鑑賞に行った帰りに大阪に
あるお寿司やさんに行き、美味しいお寿司を食べることで実現!
こんなふうに表現したことが、次々と実現していくということが、
まさに、アーツセラピーのスゴイ所なのだ。


カテゴリー: 日記 パーマリンク