母娘でアーツセラピー、1月の体験

引き続き、母と娘のアーツセラピーセッションについて
紹介しよう。

今日は、2016年1月のセッションについて。
この日は、すみれさんが、インドの楽器、ジュルティボックスを持参
してくださり、ヨガ・オブ・ボイス(声のヨガ)のセッションを体験。

実は母、歌うことはあまり得意ではないらしく、カラオケで歌うこと
など大の苦手らしい。が、父の死後、今の住まいに引っ越してから、
謡(うたい)のお稽古を続けている。月に一度、先生が拙宅までお越し
くださり、お能の楽曲を、先生と一緒に次々とうたっている。

そんなわけで、すみれ先生が、シュルティボックスに合わせて、
自然に声を出し始められると、それにつられて、母も私も自由に
声を出し始めることが出来た。私は、何度か、すみれ先生の先生
であるシルビア・ナカッチ氏の指導の下、ヨガ・オブ・ボイスの
セッションには参加したことがあるが、何度やっても、これは
気持ちが良い!

すみれ先生に音感が良いと褒められて、気をよくしている母も
続けて声を出している。すると、ここで不思議な現象が現れた。
びろうな話で恐縮だが、実はうちの母は、おなかにヘルニアがある
せいか、他に抱える難病のせいか、原因はイマイチ不明だが、
いつも下剤を服用しないと絶対にトイレに行けない体質なのだ。
ところが、声を出し始めてしばらくしたら、母がやにわに
立ち上がり、『ちょっと失礼してお手洗いに行ってきます』
と言うではないか。ゆうべは下剤を飲んでいないのに、こんな
現象が起きるなんて…!? 母も私もびっくり!実は、これも
アーツセラピーの成果の一つなんだよね。

声を出すだけではなく、体を動かしたり、絵を描いたり、コラージュ
をつくったり、といった一連のアーツセラピーのワークを体験する
ことで、一種のデトックス(解毒)効果が表れることもあるらしい。

母は、すみれ先生のリードの仕方にも、とっても感動していた。
『さぁ、今から、声を出すことを始めますよ』といった、いかにも
わざとらしいような、型にはめた形式のリードの仕方とは程遠い
手法だ。最初から声を出せなくても、周りの人たちが声を出して
いる様子を見て、自然に自分も声を出したいと思えるようになる
まで待っていればよいのだ。決して無理して、周りに合わせる
必要はないのだ。

ヨガ・オブ・ボイスを指導するシルビアは、その著書の中で、
Free your voice(あなたの声を自由にしてあげよう)とも
記している。綺麗な声を出そう、上手に声を出そう、などと
構える必要は全くないのだ。心の、そして気持ちの赴くままに、
自由に、好きなように声を出す、それだけで、どれだけ気持ちが
良くなれることか。まさに抜群のデトックス効果ありだ・

今、うちの母は、シュルティボックスを買いたいと言い始めている。
が、どうやら品薄状態らしいので、しばらくはお預けとなりそうだ。


カテゴリー: 日記 パーマリンク