母娘でアーツセラピー、11月の体験

引き続き、母娘で受けているアーツセラピーについて
紹介しよう。

11月は、それぞれに、人体図が描かれた用紙を渡され、
そこに各自で気持ちの赴くままに、水性のクレヨンで
色付けをしていくというワーク。

母が一番に手を加えた場所は、おなかの辺り。
灰色に塗りつぶしている。そのほか、肩や首、
右ひざ、かかとなど、痛みのある部分に、次々と
色を塗っている。

ひと通り塗り終わった後で、表現アーツセラピストの
すみれさんが、母が灰色に塗った部分に少しだけ水を
たらし、指でのばすと、母が塗った灰色が流れ落ちて、
元の白色に変わる。

母のおなかには、約50年前に開腹手術を受けた際の
癒着が原因でできた巨大な瘢痕ヘルニアがある。
今から20年ほど前に、一度、 開腹手術を受けて
ヘルニアを中に押し込んでもらったものの、当時、
術前に医師から告げられた通り、年月の 経過と共に、
徐々に飛び出してきて、今は何カ所もボコボコと
飛び出ている状態。

昨年夏に、もう一度中に戻す手術を受けたらどうかと
循環器内科の医師から提案されたが。このまま放置して
いても命に別状があるわけでなし、なんといっても86歳
という高齢だけに慎重にならざるを得ない。

消化器外科の主治医に相談し、他病院で得たセカンド
オピニオンも参考にした上で熟慮した結果、いよいよ
この3月14日に手術を受けることに…。今は、開腹せずに
腹腔鏡で手術ができるらしく、本人の負担も少ないようだ。
全身麻酔なので、それが少し心配だが、幸い、他の臓器に
異常が少ないため、なんとか耐えられるのではないかと
期待している。

この話が進んでいるさなか、11月に受けたアーツセラピー
のセッションのことは、正直、頭になかったが、今にして
思えば、すみれさんが、あの時、水を付けた指で、母の
おなかの灰色部分をぬぐい去ってくださったことが、
今回の手術を受けるという決断に結びついたのではない
だろうかと思える。

きっと、母の手術が成功し、今よりももっと元気になって
くれることを信じている今日この頃である。奈良への旅といい、
今回の母の手術といい、アーツに表現したことが具現化して
いくことを目の当たりにし、やっぱりアーツセラピーが
もたらす効果のスゴさに改めて感動した。


カテゴリー: 日記 パーマリンク