人生、3度目のメス!

今年も年の瀬が迫ってきた!
することリストに「Blog にアップ!」と書いたまま、
なかなか実行できず、ついに師走を迎えてしまった…。
もっと頻繁にアップしないと、何名いらっしゃるか 、皆目、
見当はつかないが、もしかしたら私のブログを 楽しみに
してくださっている方に申し訳ない、と思いつつも、なぜか、
なかなかアップできない状態が続くまま、時間だけが刻一刻と
過ぎてゆく…。

巷にはカリスマブロガーなる人もいるらしいが、その人の
爪の垢を煎じて飲ませていただかないと、などと思うことも。
私の場合、ブログは、いざ書こうと思うネタがあっても、
心と体に余裕がないと、なかなか実行に移せない。
いったい何が私の余裕をなくすもとなのか、考えてみた。

私が余裕を無くす原因の一つに、まず体調があげられる。
実は、ここ数ケ月、体調不良があり、私のQOL(Qulity of life)
が低迷していた。実は、このブログのタイトルにあるように、
ついに、人生3度目のメスが体内に入ることに…。

11月20日、今年の6月から発症していた右手親指の
付け根あたりの腱鞘炎(通称バネ指)を治すために、
切開手術を受けた。4針縫われ、30日に抜糸するまでは
絶対に濡らさぬようにと言われ、炊事、入浴時は、いつも
ゴム手袋を着用し、左利きではないが、左手に大活躍して
もらった。左手があることに、心底、感謝した。

手術自体は,正味9分で終わったらしい。まだ微妙に
違和感は残っているが、手術前にあった親指の痛みは
すっかりなくなった。TVのリモコンスイッチを、親指で
押すと激痛が走り、おもわずリモコンを落としそうになって
いたのが、今は難なく押せるように…。6月からかれこれ
5ケ月もの間、痛みや不快感があったので、こんなに楽に
なるなら、もっと早く手術すれば良かったなと思うほど、
簡単な日帰り手術だった。執刀は、手の外科専門の先生。

人生3度目と言うからには、2度目、1度目のメスに
ついても話しておこう。1度目は、高校生の時。
虫垂炎の手術。今でもうっすらと傷跡が残る。

2度目は、今から25年ほど前のこと。甲状腺に腫瘍ができ、
切除手術を受けることに。術前検査では多分,良性だと
言われていたが、ピンポン玉級の腫瘍ができ、外から見ても
わかるほどだったし、100%良性かどうかは切ってみないと
わからないとのことで、切除することに…。手術直後の傷跡は、
かなり生々しく、今後一生、タートルネックを着るか、首に
スカーフを巻き続けないとダメかもと思うほどだったが、
今では、首筋に多々あるシワの一本と化している。ただ、
お酒を飲むと、傷跡の一本だけが、うっすらと赤みを
帯びてくる。

3度目の手術が一番軽症で、切られた範囲も狭く、
終わってしまえば、どうということはないが、やはり
体にメスが入るのはいい気がしないものだ。
世の中には怪我や病気で、もっと大変な手術を
受けないといけない方もおられるのだから、こんな程度の
手術で、余裕がなくなるというのも情けないことだ。

体調以外にも、心と体に余裕がなくなる理由はあるのだが、
それについては、また、後日、お話しよう。


カテゴリー: 日記 パーマリンク