11月、すでに2週目も終盤に…。

10月は、かろうじて2日だけアップできたブログ…。
書きたいこともありながら、落ち着いて書く暇もなく、11月も
もうはや2週目も終わるという頃に突入してしまった。

実は、現在、ブログのトップページのデザインを更新しようと
関係者の方々にご尽力をいただいている次第。
おそらく今月中には、心機一転、イラストメインのページに
生まれ変わることになっている。我ながら、気に入っている
デザインなので、これを機会に、ブログのアップの頻度を
あげたいと思っている。

9月初旬に、新たに生まれた5名の女性大臣に期待していると
書いたにもかかわらず、あっと言う間に2名が辞任という残念な
結果になってしまった。でも、あの辞任理由は、女性だから
どうのこうのと言われることではないと思うのだが、メディアは、
こぞって『女性閣僚が辞任』と『女性』という言葉を形容詞のごとく
使って書き立てていた。前に、『盲目のピアニスト』と呼ぶのは
やめてと彼の母親が訴えていたニュースを思い出した。

かつて男性閣僚も何名も辞任していたが、その時のニュースには
『男性閣僚辞任』とは書かれていなかったように思う。
男性や女性を形容詞のように使うのではなく、それぞれ名前がある
訳だから、『〇〇大臣が辞任』という書き方でよいのではないか
と思う。こういう記事の書き方を見ても、残念ながら、日本はまだ、
ダイバーシティの理解と尊重という面では遅れを取っているようだ。


カテゴリー: 日記 パーマリンク