「死ぬ前に会っておきたい人たち」リスト作成中

最近、齢満84歳の母が、新たに始めたことがある。
「死ぬ前にあっておきたい人たち」リストの作成だ。

実は、つい最近、母の女学校時代の親友が1人亡くなられた。
しばらく病気で入院されていたのだが、亡くなる1週間程前に
お見舞いに行った際には、まだしっかりされていたので、母と
安心していたのだが、まさか翌週に亡くなられてしまうとは、
想像だにすらしていなくて、母もかなりショックな様子で…。
『次は誰の番やろねぇ…?』と友人たちと電話で話しているようだ。

その母が、一昨日、突然、目を輝かせて言うではないか!
『あのね、死ぬ前に会っておきたい人たちリストを作り出してん。
ほんでね、その人たちと順番に会う予定を入れていかなあかんと
思てるねん。あんた、会いに行く時、ちゃんと付いてきてよ』と。

いやはや、もちろん要介護2の母だけに、1人で出歩けないのは
承知のことだし、母が会いたい人で私が知らない人はいないと思うし、
同行するのは当たり前だと思うものの、思わず心の中で、
『どんだけ~っ?!』と叫んだ次第。(少し古い言い回しだが…。)

嬉々としてこういうリストを作っている母を見ている限り、まだまだ
旅立つ時ではないように思えるのだが…。


カテゴリー: 日記 パーマリンク