お・も・て・な・し

昨日、これぞまさしく、日本のサービス業が誇れる「おもてなし」
と感動することが…。

絹笠という和菓子メーカーが販売している「とん蝶」という食べ物が
ある。大豆が入ったもち米ご飯の上に、細かい塩昆布とカリカリ小梅が
乗っかっている、ちょっとした軽食になる。もち米ご飯のため、腹もちも
よく、昔から私も母も大好物。冷凍にしておいて、温めて食べても美味
なので、買いだめをしておくことも。

今まで、梅田地下街にあるプチシャンゼリゼ通りに独立店舗があり、
大阪に出たついでによく買い求めていた。ところが、いつの間にか、
閉店してしまったようで、そのことについ先日気づいた。
私も母も大ショック! そこで、ネットで検索すると、梅田の
阪神百貨店の地下食品売り場で、「とん蝶」だけは販売していると
あったので、まずはひと安心。

さっそく、昨日、大阪での午後の仕事を済ませて帰る頃に
ピックアップできるように、取り置きをお願いしようと、昼過ぎに
梅田に到着し、その足で阪神百貨店に立ち寄り、地下売り場の
総合案内所で、どこで売っているかを尋ねた。

応対してくださった方が、場所を教えてくださった後に、
『あの商品は大変人気が高く、すぐに売り切れるみたいですので、
在庫があるかどうか、今、確認してみますね』と館内電話を
取り上げ、『とん蝶、在庫ありますか』と訊いてくださり、
『お客様が取り置きをご希望なので代わりますね』と受話器を
渡してくださった。

売り場の担当者と電話で話すだけで、6個の取り置きをお願い。
支払いはピックアップ時でよいとのことなので、大した距離では
ないものの、常時、混雑する地下食品売り場の中を、わざわざ
売り場まで歩くこともなく、案内所だけで、当初の目的が達成
できたことは有り難い。

これぞ、まさしくひと手間かけた「おもてなし」精神の表れと思い、
とても感動した。対応してくださった方のお名前は見そびれたが、
百貨店に感謝の気持ちを伝えようと思っている。もしかしたら、
その方個人の心配りかもしれないが、企業の人材教育の成果
かもしれない。

仕事を終え、夕刻、ピックアップのために売り場に行くと、
案の定、すべて売り切れ。6個分となると結構重量はあるが、
母の喜ぶ顔を想像しながら、帰宅の途についた。


カテゴリー: 日記 パーマリンク