いち、にい、さんがりあ!

要介護2の母と外出する際、左手で杖をつく母の右手を握り、
二人横に並んで一緒に歩くのだが、歩く速度がうまく合わない
こともある。

歩行のペースを合わせるために、「いち、にい、いち、にい」と
掛け声をかけながら歩くことにしている。母にも、声を出すほうが
意識が集中できるし、歩きやすいはずだよと、発声を奨励している。

先日も、「いち、にい、いち、にい」と2回程、発声し、次に再度、
「いち、にい」と声を出したところで、にわかに横にいる母が、
「さんがりあ」と続けるではないか! 唖然としながら、「なんで
そんなん言うの?」と尋ねると、なんでも週に一度、お世話になっている
デイケアで、お仲間のお一人の男性がよくそう言われるとのこと。
突然それを二人の外出時に真似されるのも困ったもんだ!
まぁ、まだ頭は元気な証拠と喜ばしいことでもあるのだが…。


カテゴリー: 日記 パーマリンク