「目的以外の長時間使用を禁じます」

阪急夙川駅前にあるショッピングセンター、夙川グリーンタウン。
その中にある公衆トイレに入ると、目の前の壁に、
「飲食、休憩、居眠りなど、目的以外の長時間使用を禁じます。
ほかのお客様の迷惑になります」とビルの管理会社名での
注意書きのプレートが貼られている。

飲食、休憩、居眠りをトイレの中で? そんなことする人がいるのか?
女性用のトイレに貼られているということは、女性にそういう人がいる
ということなのだろう。同じ女性として、いや、人間として、いささか
目を疑うような注意書きだ。

そう言えば、ある大学で働く女性から、最近の学生で友人がいない子は
ランチを1人で食べることになり、それを人に見られるのがイヤだと思う
子もいるらしく、そういう子は、大学のトイレの中(たしかに、洋式なら
腰かける場所はあるが!?)で、1人で食事をするという話を聞いたことが
ある。その時もわが耳を疑ったが、事実とのことで、正直、とても驚いた。
だから夙川グリーンタウンのトイレで食事をする人がいることも事実なの
だろう。そういう事実がなければ、そんなわが目を疑うような注意書きも
不要なのだから…。

しかし、トイレの中は狭いし、景色も悪く、新鮮な空気もない。
自宅のトイレならいざ知らず、公衆トイレは、昔に比べて、最近は
かなり綺麗になってきたとはいうものの、まだ、場所によっては、
いささか、いや、場合によってはかなりの、においがあることも…。
それに、なんと言っても、やはり長時間滞在する場所としては、あまり
衛生的ではないように思える。私としては、さっさと目的を果たして、
できるだけ短時間で退出したいと思う所だが、まぁ、今の世の中には
そう思わない人も居るということなのか…。そうだとしたら、本当に、
世の中の人が変わってきたということか…。

それにしても、さすがのダイバーシティ専門の私も、今回ばかりは、
これも“多様性の成せる業”、とは言いたくない心境だ。


カテゴリー: 日記 パーマリンク