母親の視点って言うけど……?!

田中真紀子氏が、文部科学大臣に就任された。
朝のワイドショーで、ゲストの女性コメンテーターが発言されていた
内容に、ちょっと疑問を感じた私。

司会者の、今回、唯一の女性大臣である田中真紀子氏に対して、何か
期待のコメントなどありませんかと言う質問で、その女性の回答は、
「田中さんはご自身もお子さんを育てられているので、母親の視点
いじめの問題などに取り組んでいただければと思います」というもの。

母親の視点ってひとことで言うけど、その人その人によって違うのに….。
はたして、田中真紀子氏がもつ母親の視点が、世間一般の母親の視点と
同じなのだろうか?!

世の中のすべての母親が同じ視点をもっているなんて有り得ないし…..。
自分の子どもを慈しんで育てる母親もいれば、暴力をふるい虐待してしまう
母親もいるわけで……。のびのび好きなことをさせて育てたいと思う母親も
いれば、有名校に入学させて、立派な企業に就職させたいと思う母親も……。

こういうふうに、「母親」という属性ですべての母親をひとまとめにしようと
する考え方には、どうしても違和感をもってしまう。もちろん、すべての
属性には、統計学的に見て、ある程度の傾向値はあるものの、どの属性にも
30%は例外があるそうだ。

田中真紀子氏の母親の視点がどういうものか、今後、政策を遂行されていく
段階で、徐々に明らかになっていくのだろうが…….。
いずれにせよ、今回の組閣で唯一の女性大臣に期待したい。


カテゴリー: 日記 パーマリンク