女性社員対象の連続ワークショップ、いよいよ開始!

7月末に某企業で開催された総合職の女性社員を全国から集めたフォーラムを
見学したことは当時のブログにも書いた通りだが、その企業で、全国の女性
総合職社員を対象に実施するワークショップのお手伝いをすることに….。
ワークショップ開催の目的は、女性同士のネットワークを強化し、互いに
切磋琢磨して成長し合えるように、また、同時に、彼女たちのニーズを
吸い上げ、組織の施策に反映するというもの。

昨日がその第1回目。大きな組織であるため、この後、東京、岐阜、四国も
含み、各事業所単位で後10回開催予定。午後の1時から5時までの4時間。
前半は、ダイバーシティに関する理解を深めるために基本的な講義や
ダイバーシティをより身近なものとしてとらえていただけるためのグループ
ディスカッションを実施。後半は、同社の女性総合職社員のネットワークの
立ち上げの経緯や今後の取り組み予定の説明から始まり、その後、グループ毎に
何度かディスカッションを実施。

後半のグループディスカッションでは、まず、自分たちが職場で工夫している
ことや 頑張っていること、逆に困っていることについて共有し合い、その後、
出てきた 困っていることの各項目について、組織が解決すべきことなのか、
それとも 自分自身で解決できることなのかに分類。組織が解決すべきことは、
「組織への 提言シート」に記入し提出してもらった。最後に、本日の気づきを
もとに、自分たちが、明日から取る 行動を決めて、「明日への宣言シート」に
記入、それを各自がグループ内で読んで発表。

アンケートでは、組織で解決してもらうことが多いということに気づいたと
書く人もいれば、自分自身で解決できることも意外に多いということに 気づいた
と書く人もあり、様々な気付きを得ていただけたようだ。また、自分は他の人
より恵まれた環境に居ることを知った、部署は違えど、共通の悩みがあるんだと
いうことに気づいたなどの意見もあり、今回の開催目的は初回でも達成できた
のではないかと思う。実施上の改善点も見えてきたので、次回から改善しよう。

もちろん4時間のワークショップ開催だけですべてが解決するなんて有り得ない
ことだが、こういうことに会社が労力と時間(すなわちコスト)をかけて実施する
ように後押しをしてくれることが何よりも素晴らしいことと改めて感動!口では
「うちも女性が働きやすくなるようにしないと、とは思ってるんですが….」などと
言いながら、全く行動を起こさない企業も多いのが現状という中、女性社員の数が
男性に比べて圧倒的に少ないという状況下で、この企業の本気度はスゴイと思う!

昨日の参加者の方々が、何事もまず自分が行動を起こさない限り変わらないんだ、
ということに 気づいていただけたように、企業の経営幹部も自分たちがまず行動を
起こさないとダメなんだということに早く気付いて、行動を起こして欲しいものだ。

さぁ、後10回、 様々な女性社員の方たちとの出会いが楽しみだ!


カテゴリー: 日記 パーマリンク