久々のぼやきネタ、3連発!

友人に、私のブログは「ぼやきネタ」が多いよね、と言われたことがあり、
確かにそうかも、でも一歩外に出ると、いや外に出なくても、テレビを観て
いるだけでも、ぼやきたくなることが一杯の毎日なんだもん、と思いつつ、
少し「ぼやき」は控えめにしていたのだが……。ついに、「ぼやかずには
いられない事件」に立て続けに遭遇し、久々のぼやきネタとなってしまった。

あっと言う間に6月も終わり、7月に入ってもう早や17日。既に2週間以上も
経過して しまった、今月はまだ一度もブログ書いていないや、ということに
愕然としつつ、ブログネタを考えていたのだが、 ここ数日間で遭遇した、
ぼやき事件をそのまま羅列することに…..。

その1:
日曜日、夙川駅前の横断歩道を渡り始めたその時、右手から結構なスピードで
直進してきた車。運転手に思いっきりクラクションを鳴らされた。思わず、
「ここ、横断歩道やのにィ!」と車に向かって叫んだ。が、冷房中の車の窓は
閉まっていて、私の声など届くはずもなく……。

その2:
今朝、就活中の友人からメールが届き、最終面接まで 残っていた某日本企業で
『人柄も能力と経験の豊富さも申し分ないのですが、 今回は社長秘書も兼任して
いただきたいので、若い人のほうがよろしいので』と 言われ、不採用になったと
書いてあった。少し前に不祥事で、メディアにも 登場していた有名企業の話。
まさに、一事が万事とはこのこと! そもそも 社長秘書は若い女性でないと
いけないなんて、一体、誰が決めたことなんだ!友人が 不採用になったことは
ラッキーと思うべきことと考えるしかない、いまどき全くもってイケてない企業。

その3:
今日の夕方、電車を降りようとして、席を立ち、出口に向かおうとするものの、
両側に立つ女性たちが肩にかけている巨大なバッグに行く手を阻まれ、 なかなか
前に進めなかった時の苛立ちときたら……。「すみません、後ろ、失礼します」
と叫びながら、出口まで進み、なんとか無事に降りられた。人が通ろうとする
気配に気づいたら、バッグどけてくれたらいいのに!と心の中でぼやきながら、
あぁ、でもそういう人たちは皆さん、イヤホンで音楽ガンガン、視線は手元の
スマホに釘づけで、周りの 様子には、ほとんど目配り、気配りできてないん
だもんねと、これまた思わずぼやきたくなる。

というわけで、7月に入って最初のブログに、いきなりのぼやきネタ3件。


カテゴリー: 日記 パーマリンク