またしても失言!

先日、私は、インセンシティブな発言をしてしまうことがあるので、
気をつけなきゃと反省したとブログに書いた所であったにもかかわらず、
またしても、母に対して失言をしてしまった……。

2010年に転倒、骨折し、1ケ月半の入院生活を送って以来、
毎年、この時期、母の体調があまり良くないことがある。もちろん、
日によって差はあるみたいだし、なにも毎日、具合が悪くてずっと、
床に臥せっているという訳ではないが、なんとなく気分がすぐれず、
鬱っぽくなる日が多いようだ。

昨日の朝も朝食前にしきりと不調をうったえる母。その母に対して、
思わず私の口からは「そりゃあ梅雨どきのこの時期ってさ、人間でもしんどく
なる時期やからねぇ」という発言が出てしまった。
その言葉を発した途端に、『うん?!今、私、なんか変なこと言ったよな』と
気づいたが、時すでに遅し。それを聞いていた母からすかさず、
「ちょっと、それ、いったいどういう意味よ?
私のこと人間と思てへんってこととちゃうのん?
老婆の妖怪かなんかと思てるんやないの?」という言葉が返ってきた。

いやはや、えらいこっちゃと、しどろもどろになりながら、「いやぁ、なんで
そんなこと言うてしもたんかなぁ。別にそんなつもりで言うたんとちがうよ」と
慌てる私。もうここは笑うしかないと笑いながら、母を見ると、既に爆笑中。
ひとしきり二人で大笑いして、その場は収まった。

その場では、なぜそんな言い間違いをしたのか、すぐに気付かなかったのだが、
後になって気づいた。私が言おうと思っていたのは、「この時期は普通に暮らす
元気な人間でもしんどくなる時期やから、高齢で、要介護2で、しかも色々と
持病を抱えている母は、しんどくなって当たり前」ということだったのだ。

血の繋がる実の母娘の間のことだから笑い話で済んだけど、間柄によっては、
こうした失言が許されない場合もあるだろう。いやぁ、ホント、口は災いの元。
発言する前には一呼吸おいて、落ち着いて、慎重に発言するように心がけなくては、
と、改めて肝に銘じた次第!


カテゴリー: 日記 パーマリンク