男性と女性の違い発見!

某企業で、ワーク・ライフ・バランス(WLB)に関するE-Learning(イー・ラーニング
=Electronic Learning :オンラインなど情報技術を用いて学習すること)を
実施されることになり、その内容等について検討していた時のこと。

設問ページの余白部分に写真が挿入されていたのだが、それがあまり
WLBを連想させるものではなかったので変更したほうがいいかも、という
議論になった。会議に参加しているメンバーは、ほぼ同数の男女混合。
その議論をしているさなか、女性たちが熱心にどういうイラストが良いかについて
議論している一方で、その場にいる男性たちは全員が引きモード。つまり、
彼らにとっては、その画面上のイラストが、どんなもんであろうと大勢に影響が
あるわけじゃなし、平たく言えば別にどうでもええやん、というノリなのだ。
誤解の無いようにあえて言及しておくが、男性たちのこの態度がいけない、
などと理不尽なことを言うつもりは毛頭ない。これは、単に男性と女性は違うんや、
という、その時、その場で発見した事実に過ぎないのだ。

もちろん、同じ属性の中にも30%位は例外があり、すべての男性、女性が
こうだとは決めつけられないが、この一件で、女性は、物事のディテール
(細かい部分)にこだわる傾向があり、男性は、どちらかというと、ディテール
ではなく、もっと本質的なことだけに目を向ける傾向があるという男女の違いを
改めて発見する機会となり、そこに居合わせた一同、これぞまさしくダイバーシティ
(多様性)があるってことやなぁ、と納得した次第。こういうことって、日常生活で
ほかにも結構あるだろうし、改めて探してみるのも面白いかも…..。


カテゴリー: 日記 パーマリンク