やっぱり……まだまだ少ない女性の数

昨日、ひょうご仕事と生活センターの主任相談員として、センター長の
代わりに、神戸市新年合同祝賀会なるものに出席した。
会場はポートアイランドにある神戸国際展示場大ホール。
会場の外には運転手さん付きの黒塗りの車がずらりと並んでいる。
入口で渡された参加者名簿を見ると、そうそうたる方々のお名前が並んでいる。
神戸の企業や自治体、団体等のキーパーソンが大勢出席されているようだ。

広い会場内におそらく1000人以上の人が集まっているようだったが、
ものの見事に、その殆どがダークスーツを身にまとった男性ばかり。
華やかな晴れ着姿の女性もチラホラ見かけたが、本当に女性は少ない。
その数は、多分100人にも満たないのではないかと思える。

統計的にも出ていることだし、知識として十分理解している筈だが、
やはり、経済界、政界等のキーパーソンは、まだまだ男性なのだ。
こうして目の当たりにしてみると、改めて日本女性の社会進出の遅れを
つくづく感じる。(海外でも、もちろんその傾向はまだあるだろうが、こういう会合で
ここまで女性の出席者が少ないことはないのでは、と想像する。) 

「社会を変えたい」という夢を胸に抱いて独立し、活動開始後、早や5年が
経とうとしている。まだまだ、活動の機会は多々ありそうだ!


カテゴリー: 日記 パーマリンク