コロッケとカラオケ?!

少し前まで、胃腸の不調を訴え、食欲がなかった母。
最近は見違えるほど元気になってきて、色々と食べたいものが浮かんでくるそうだ。

今夜の夕食はちょっと手抜きで、近くのホカ弁やさんでゲットすることに…..。
何が食べたいかときくと、『コロッケ、それから、カラオケもっ!』と答える母。
メモ用紙に、コロッケと書いて、その横に思わずカラオケと書きそうになり、
気づいた私。『カラオケって何よ?』とききかえそうとしたその瞬間、
『あっ、カラオケとちごて、唐揚げや!』と母。
そのあと、二人で大笑いしたことは言うまでもない。

それにしても、コロッケと唐揚げって、どんだけ脂っこいもん食べんねん!って
心の中で突っ込んだ。でも、食べたいと思うものがあるのはよいことだ。
食欲があるということは、まさに元気に生きているという証。

ちょっとした、たわいないことで大笑いすることも元気な証拠。
今年12月に82歳になる母。足腰や入れ歯の調子は思うようにならないようだが、
食欲があるうちは、まだまだ元気に長生きしてくれそうで有り難い限りだ。

余談だが、コロッケとカラオケって、韻を踏んでいるようで面白いかも……。


カテゴリー: 日記 パーマリンク