これって、なんか変…..。

当社のスタッフで、愛煙家の男性が、新しい使い捨てライターを使い、
腱鞘炎になったらしい。あまりの固さに働き盛りの男性でも音を上げたとのこと。
新聞紙面でも、女性や高齢者には使いにくいという難ありとの報道。
結局、前述の彼も使いやすい、使い捨てでないタイプのライターに換えたという。
使いにくい使い捨てライター、結局、誰も使わないようになるのでは、と案じるのは
私だけだろうか。 

そもそも子どもが手の届く場所にライターがあること自体、どうなんだろうか。
私たちが子どもの頃から、そして今も、子どもにとって危険なものは身近に色々
たくさんあるはず。それをすべて片っ端から、子どもが使いにくいタイプのものに
換えていくことは不可能だし、まして、それが正しいこととも思えない。
それよりも先に手を打つべきことがあるのでは…..。
子どもを育てる大人への「教育」、そして、成長過程にある子供への「教育」の
重要性について、今一度考える時ではないだろうか。 

使い捨てライターに続いて、今回のユッケ規制にも同じようなことが、言えるのでは
ないか。ごく一部の心無い業者が、してはいけないことをしていた結果、起こって
しまった不幸な事件で、亡くなられた方は本当にお気の毒としか言いようがない。
とは言え、今まで何の問題も起こさずユッケを製造販売されていた業者に対して、
新たに厳しい規制を課すのは、いささか本末転倒の感じだ。規制を厳しくして、
結局、消費者にとって気軽に口にできない価格になってしまうのではないだろうか。
食材として提供する業者が確固たる自覚をもつことにより、このような不幸な事件は
減少していくのではないだろうか。
またしても、大人への「教育」が肝要だと思う出来事だ。


カテゴリー: 日記 パーマリンク