自分に正直に生きるということは…。

先日観た某映画で、父親役の男性が、自分の息子に対してかけた言葉が
印象に残った。

その父の言葉は、『お前は自分の好きなように生きればいいんだ。でも、
自分に正直に生きるっていうことは、世の中で一番難しいことだからな』と
いうもの。

私自身、振り返ってみると、企業で一社員として働いていた頃は、
職場での役職に縛られ、自分に正直になれないことが結構あったと思う。

人間には、一生のうちで色々な役割がある。
産まれた以上は、子どもという役割が、そして成長するにしたがって、
社会との接触も増え、新たに様々な役割が増えてくる。
その役割は、一生の間に入れ替わる可能性がある。
人生の途中で、新たに増える役割もあれば、なくなる役割も…..。
いくつかの役割が一日のうちで入れ替わることもある。

今、一番大切にすべき役割と一番大切にしたいと思う役割とが
微妙にずれることもある筈だ。その時に、つい役割に縛られて、
自分の正直な気持ちにふたをしてしまうことがある。そして、その結果、
後で後悔することもあるのではないだろうか。

自分に正直に生きる…..。まさに、言うは易し、行うは難しという感がある。


カテゴリー: 日記 パーマリンク