イメージできるってことは…..。

なでしこJAPANが、ワールドカップで見事、金メダルを獲得!
ここ数日、日本中がこの明るいニュースに歓喜した。私も、
テレビでニュースが流れるたびに、もう何度も見ているシーンなのに、
その都度、胸が一杯になり、涙があふれてくる始末。

優勝チームの立役者とも言われるキャプテンの沢選手に、
決勝戦の朝にインタビューされているシーンが流れた。
その時に、彼女が言っていた言葉が心に残った。

彼女の言葉は、「夕べからずっと、チームのメンバー全員で、
明日の試合には絶対に勝つんだって話をしていて、実際に、
優勝してトロフィーを手にしている姿とかをイメージして
みんなで騒いでいました」というもの。そして、決勝戦では、
まさに彼らのイメージ通り、見事、初の優勝という素晴らしい快挙を
成し遂げたわけだ。

実は私も同じような体験をしたことがある。企業に勤めていた頃、
大きなイベントのリーダーとして企画運営を担当していた時のこと。
イベントを翌日に控えた前日、頭の中で、会場に立ち、司会進行を
担当し、スピーチをし、すべての予定が滞りなく進み、終了時に、
参加している人たちが満足してくれている様子をイメージしていた
ことがあった。

そうして迎えた当日、イメージ通りに、イベントが成功裏に終わった
ということが何度かあった。実際には、事前に頭の中でイメージしている
ことなんて、想像の域は出ない筈のものなのに….。なぜか、前日に
そういうイメージができた時には、不思議とスムーズに終了したものだ。

でも、今思うと、成功している姿が事前にイメージできた時って、
そこに至るまでの準備が十分周到に出来ていた時だったような
気がする。

なでしこJAPANのチーム全員も、決勝戦に臨む前、そこに至るまで、
それこそ、血のにじむようなハードな練習を重ねて来たに違いない。
つまり、決勝戦に臨むチームとして、準備万端整え、万全を期していた
ことだろう。だからこそ、前日にチーム全員が、決勝戦で、
勝利を勝ち取った姿を、イメージ出来たのかもしれない。

何か大きなイベントを実施する前には、チーム全員で、成功裏に
イベントを終える姿をイメージすることは大事。そして、それが
出来るようになるには、事前に周到な準備をしておくことが
必要不可欠なことなのだということを、今回、改めて痛感した。


カテゴリー: 日記 パーマリンク