身の程知らずは血筋かも…..?!

人には得手不得手というものがいくつかある訳で….。
私の場合、不得手なものは多々あるが、その一つが計算だ。
恥ずかしながら、小学校時代から算数が大の苦手。その分、国語や
英語は得意(自分で言うかっ!と得意の自分突込みをする私)だったので、
いわゆる理系ではなく、文系タイプだ。

いまだに、経費精算の時などに、えらそうに暗算をしては計算間違いを
している次第だ。幸いなことに、優秀な経理担当スタッフの存在があり、
その間違いをすかさず見つけてくれるので、損をすることもなく、
助かっているのだが……。そもそも、この私が、暗算をすること自体、
身の程知らずなことなのかも……。

先日、友人とランチに行き、楽しく食事を済ませて、いざ割り勘で支払いを
する時に、私がまとめて払うことに…..。後2人の友人から、それぞれの
食事代金を徴収することになったのだが、2人の友人の内1人は、私と似た
文系タイプで、もう一人は数字大好きな理系タイプ。
頭が良い文系タイプの友人は、こういう時には一切口をはさまない。彼女は、
身の程をよく知っている訳だ。ところが、この私ときたら、黙って理系タイプの
友人に任せておけばよいものを、つい口出しをしてしまう。これこそ、
身の程知らずなふるまいというものではないか!

口出しだけならまだ許されるとしても、その内容が、これまた計算間違いを
しているもんだから、はた迷惑もいいところだ。ついに、頭の良い友人から、
『まりりん(私のニックネームの一つ)は黙ってて!』と釘を刺される始末。
身の程知らずは親子そろってケガのもと!身の程知らずは血筋かも……。


カテゴリー: 日記 パーマリンク