耳にイヤホン、手にスマホ!

タクシーに乗車していた時のこと。
いきなり、路地から女性が曲がって歩いてきた。
全く前方を見ていないようで、思わずタクシーに接触しそうに….。
幸い、徐行運転をしていたタクシーがその人にぶつかることはなかったが、
後部座席に座っていた私も一瞬、ヒヤリとした。

ところが当の女性は、なんら動じる気配もなく、何食わぬ顔をして、
そのまま歩き続けている。追い抜きざまに見ると、その女性、
耳にはイヤホン、手には携帯電話を持ち、ひたすら指を動かしていた。

つまり、その女性、おそらく耳には大音量で音楽が流れており、
目は一心不乱に携帯電話の画面を凝視しているため、自分が
曲がって新入しようとしている道路に、車が近づいている気配を全然
察知していなかったのではないだろうか!

歩きながらの携帯電話操作の危険性は、前にも何度かブログに書いた
ことがあるが、耳にイヤホンだと、その危険性に更に拍車がかかる筈だ。
タクシーの運転手さんもこぼしておられた。「あれ、本当に危ないんですよねぇ。
イヤホンさえしていなければ、少なくとも音で車が近づいてくる気配はわかる筈
なんですけどね。ああいう歩き方されてても、もしかりにぶつけてしまったら、
やっぱり運転しているこっちに非があるってことになるんですよねぇ」と。

耳にイヤホン、手にスマホでの歩行。本人は、文明の利器を駆使して、
楽しんでいるのかもしれないが、自分の身に降りかかり得る危険や、
周りに与え得る迷惑に、少しは思いを馳せてもらいたいものだ。


カテゴリー: 日記 パーマリンク