『無理とは、人の心がつくるもの….』

5月1日(日)に放映されたNHK大河ドラマ「江」の中の1シーン、
ちょっと心に引っかかった言葉が……。

それは、秀吉が将軍になると言い出した時、周りのみんなは、
「そんなこと絶対無理に決まってる!」と思っていた中で、
千宗易がポツリとひとこと、
『無理というのは、人の心がつくるものですよってに….』と述べた、
その言葉だ。

これを聞いていてすぐに、私が主任相談員を務める
ひょうご仕事と生活センターがモットーにしている、
「出来ないから出来るに」という言葉を思い出した。

出来ないとは、即ち、無理、ということ。
出来ないと思う気持ちは人の心がつくるもの……。
確かに、大抵の場合は、個人の意識の持ち方ひとつで、
出来ないと思っていることを、出来ることに変えていける筈….。

物事に対して、そんなこと無理だ、出来るはずがない、と思い込んで
しまえば、それは本当に出来ないことで終わってしまうだろう。
でも、なんとか出来るかもしれない、いや、出来る方法がある筈だ、
どうすれば出来るようになるんだろう、と考えることによって、
出来ないことが出来ることに変わっていくこともある。
そう信じて、日々、前進あるのみ!


カテゴリー: 日記 パーマリンク