返事、は…..?

月に何度か、母の付き添いで病院通いをしているが、個人の医院と違い、
大病院の待合室はいつも大勢の患者さんや付き添いの人たちでいっぱいだ。
順番待ちの間に気づいたことがある。

中の待ち合い席に移動する順番が回ってきた人たちの名前を何名分か、
まとめて看護師さんが読み上げている。向かいの検査室からも同様に、順番が
回ってきた人たちの名前が絶えず複数名分、読み上げられている。
個人情報保護の観点から言うと、これってどうなのか的な思いがしないでもないが、
病院や銀行の場合は、間違いを避けるためにもそうせざるを得ないのだろう。

それはさておいて、名前を呼ばれているにもかかわらず、返事をしない人が多い
ことにいつも驚かされる。中には体調のせいで、返事ができない人もいるのかも
しれないが、ほとんどの人が、返事をすることなく、呼ばれたら、おもむろに席を立ち、
前に出てくる。高齢者や体の不自由な人もいて、立ち上がり、前に出てくるまで
かなりの時間がかかっている。

看護師さんとしては、返事がないので、前に出て来る人を確認するまでは、大声で、
名前を呼び続けている。待合室にいる人間としては、それは正直、結構、耳障りな
ものだ。体調不良でなく、声が出せて返事ができる人は、すぐに「ハイ」と返事を
してあげさえすれば、ただでさえ忙しい看護師さんが、何度も名前を呼び続けなくても
よいのに、待っている患者さんや付き添いも耳障りな思いをしなくて良いのにと思う。

ほとんどの人は、子どもの頃には、誰かに名前を呼ばれたら、すぐに元気よく返事を
するように、と言われたのではないだろうか。私はそうだった。

セミナー等で講師をしている私も、同様の経験をすることがある。参加者の方たちに
今までのところで何かご質問はありませんか? 
今から、実習で進めていただくことはお分かりいただけましたか? と尋ねても
お返事がいただけないと、次に進んでよいものかどうか迷うことがある。

同業者でもある前職時代の先輩が、ある研修で使われていた「3秒ルール」という
手法を最近使わせてもらっている。「3秒ルール」とは、参加者の方たちに対して、
研修前のお願い事項として、何かお尋ねしたら、必ず3秒以内に、ハイかイイエか、
わかりません、とか、なんでもいいから発言してくださいというもの。

最初の内は、はっきりとお返事をいただけるのだが、進んでいく内に、疲れが出る
せいかもしれないし、日本人にはシャイ(内気)な人が多いのかも知れないが、
時間が経つにつれ、だんだん反応が小さくなってくる。そういう時には、再び、
3秒ルールをお願いするのだが、正直、時間がもったいないと思うこともしばしば…。

いったい大人たちは、いつから返事をしなくなってしまったのだろう…….。
もしかしたら今は子どもたちも、名前を呼ばれても返事をしないのかも……。


カテゴリー: 日記 パーマリンク