ハンカチを使おう!

駅構内や大型小売店内にある、たいていの公衆トイレには必ずと
言っていいほど、洗った手を乾かすための乾燥機が設置されている。
中には、手洗いシンクの中に、乾燥機が組み込まれているものもある。

見ていると、ほんの少しの間にほとんどの人が使用しているではないか。
その都度、「ブォーッ」という轟音が聞こえてくる。しかも、一回ごとに、
かなり長い時間、鳴り続けている。そして、終わったと思ったら、またすぐ
次の人が使う。次から次へと、「ブォーッ」という音は止むことがない。

専門的なことはよくわからないが、あの乾燥機を使用する時に消費される
電力はいったいどれ位なんだろう。素人考えながら、あの音からすれば、
かなりの量ではないかと思えるのだが….。家で使う、ヘアドライヤーの
消費電力量もそこそこのものと聞いたことがある。

私たちが子どもの頃は、もちろんお手洗いに乾燥機はなかった。
幼稚園時代から持ち物検査があり、ハンカチとチリ紙(トシがわかってしまうが、
当時はポケットティッシュなどなかった時代だ)は必帯で、持っていないと
先生から注意をされた。そして、洗った後の手は、いつもハンカチで拭いていた。

私は今でもハンカチで拭いている。厳密に言うと、ハンカチでなくタオルハンカチ。
普通のハンカチだと、すぐに濡れてビショビショになってしまうので、もっぱら
手拭き用にはタオルハンカチを愛用している。
大好きなカエルの柄入りの物も、何枚か持っている。

乾燥機で手を乾かすと、時間もかかるし、なかなかすっきりと水気が取れない。
すっきり水気が取れるまで使用するとなると、かなり長い間、手をかざし続けて
おかねばならない。短気な私は、さっさとトイレを出て次の行動に移りたいので
乾燥機を使う時間をもったいないと感じる。
それに、なんだか肌が荒れそうな気がして…..。

折しも、世間では、全国的に節電運動が広まりつつある。
乾燥機ビジネスに携わられている方たちの邪魔をする気は毛頭ないが、
ハンカチビジネスに携わられている方たちもおられる訳で…..。
洗った手を拭く時には、たまにはハンカチを使ってみよう!


カテゴリー: 日記 パーマリンク