『年寄りの言うことは聞くもんやで~』

最近、亡き父の言葉をよく思い出す。
家にいる時は、よく読書をしていた父。 
実はジャンルを問わず、多種多様な読み物を乱読した結果、
そこから得た知識の受け売りも多いんやで、と本人も
話していたのだが…..。

特に、最近、思い出した父の言葉をいくつか書くことに….。
『車のガソリンはいつも満タンにしとくもんやで。乗ったら入れるくせを
つけておかんと、夜中に何が起こるかわからんからな』というもの。
もう一つは、『寝る時は、手の届くところに必ずメガネと水と懐中電灯を
置いとくように』というもの。

何事においても常に用意周到だった父。
「備えあれば憂いなし」の生活をまさに日々実践していた。
そう父から言われていたものの、私の行動はと言うと、
何事においても用意周到とは、なかなか言いいがたく…..。

車のガソリンが減っていても、次に乗る時に入れたらいいやん、
と放置しておくこともしばしば。
メガネは入浴前に取りはずし、そのまま翌朝まで洗面所に置きっぱなしと
いうこともよくある。コンタクトかメガネがないと、床にいるゴキブリを
落ちている柿の種と間違って拾いそうになる程、ド近眼な私なのに….。
さすがに懐中電灯は枕元にいつも置いていたのだが、先日、確認したら
案の定、電池切れ。

今、この時期だからこそ、父の言葉をしみじみ思い出し、
その言葉がもつ意味の大切さを改めて噛みしめている。
もう一つ、よく父が言っていた言葉が……。
『年寄りの言うことは聞いとくもんやで~』


カテゴリー: 日記 パーマリンク