風通しの悪い会社

先日の私のブログ、「風通しの良い会社」を読んだという友人が、『私が
最近まで勤めていた会社では、社長の許可なしに、社員が勝手にそんなこと
したら、後で社長になんて言われるか、考えただけでも恐ろしい』と話してくれた。

友人は、前からしたかった仕事ができるということもあり、仕事を辞して、
期待に胸を膨らませて転職。ところが、入社後間もなく、社長をはじめ、
上司や先輩から数々のハラスメントを受け始め、ついに体調をくずし退職。
まさに勇気ある撤退を敢行した友人が言うことだけに信ぴょう性があると言える。

もし実際にそういうことが起こり、その結果、たとえ彼女が恐れているようなことに
ならなかったとしても、そこで働いていた(または働いている)社員が、自社の
社長のことをそんな風に思ってしまうような会社は、決して「風通しの良い会社」
とは言えない。むしろ、「風通しの悪い会社」ということになるだろう。

残念なことに、今の日本社会には、まだまだそういう企業も多いようだ。


カテゴリー: 日記 パーマリンク