うちの大きなネズミは健在!

2009年6月3日のひょうご仕事と生活センター開設以来、
つたないブログを書き始めたのだが、
2009年6月8日に『うちの大きなネズミ事件!』というタイトルで
アップしたブログの続編的事件が昨日、勃発した。
【この事件に興味のある方は、ぜひアーカイブをご覧ください。】

昨夜、仕事を終えて帰宅すると、母が、
「ちょっと、あんた、Hさんから、こんな大きな箱、届いたんよ」と
騒いでいた。しかし、大きな箱は解体されて既になく….。
友人から、ひと月遅れの誕生日プレゼントが届いたようだ。
中には、可愛いカードと、インテリアに使うグッズやバッグかけ、
そしてボローニャのパン(黒糖味)、アーモンドバターが詰まっていた(らしい)。

しかし、ボローニャのパンとアーモンドバターは既に開封されていて、
「パンも柔らかくて、アーモンドバターも甘くておいしかったよ」と
笑顔で無邪気に話す母。その姿を見ると、あきれて怒る気にもならない。
でも、もし、誰かにことづける予定のものだったら、どうしてくれるんだいって感じ。

友人にお礼の電話をして、パンとアーモンドバターは既に試食済みだったと
伝えると、「内心、それはあり得るかも」と思いながら発送したとのこと。
うちの、言葉をしゃべる『大きなネズミ』は親しい人たちの間では結構、有名なのだ。
そしていまだなお健在なのだ!でも、食欲があることは健康な証….。
多少、羽目をはずされても、いつまでも健康で長生きして欲しいものだ。


カテゴリー: 日記 パーマリンク