朝からちょっと感動!

昨日の朝、家から最寄駅まで歩いていた時のこと。
駅前に、信号はなく横断歩道だけの道がある。そこに救急車がやってきた。

私は反対側を歩いていたので、横断歩道を渡る必要はなかったのだが、
小学校低学年の女の子の手を引いたお母さんが、救急車が来ているにも
かかわらず、子どもの手を引いて、向こうから横断歩道を渡ってきてしまった。
救急車は、もちろんその親子が渡り終えるまで停車し、待機を余儀なくされていた。

あららぁ、救急車は優先して通してあげないとダメなのに….と思いながら、
駅に向かって歩いていると、その親子が私のすぐ後ろにいるではないか。
そして、お母さんの話す声が聞くともなしに私の耳に入ってきた。

『あのね、今、お母さん、悪いことしちゃった。救急車が来てたのに、先に横断歩道、
渡ってしもたでしょ。あれはネ、やったらアカンことなんよ。だから○○ちゃんは、
絶対に真似したらアカンよ。救急車には病気の人や怪我した人が乗ってはるから、
できるだけ早く病院に着けるように道をゆずってあげないとダメなんよ。お母さん、
ほんまに悪かったわ~』と一生懸命、子どもさんに話しているお母さん。

大人だって、してはいけないことをうっかりしてしまうこともある。でも、その場で、
すぐにその非を認めて、子どもに対して、自分はいけないことしてしまったけど、
それは間違いだから、あなたはしてはだめよ、と教え、自分も今後はしない
ように気をつける。 こういう教育スタイルもあってもいいものだと思い、朝から
ちょっと感動した次第。


カテゴリー: 日記 パーマリンク