神戸市長を囲んで…..。

今年の4月から、兵庫県経営者協会の女性版とも言える
女性産業人懇話会(VAL21)のメンバーになった私。
昨年6月3日に株式会社を立ち上げ、一応、経営者のはしくれ
ということで、お誘いいただき、参加させていただくことに….。

VAL21とは、Vivid & Lyric 21の略で、生き生きと
心豊かに21世紀を生きる女性達の集まり。
設立は1996年と、歴史ある団体。
働く女性の大先輩を筆頭に、県内在住の働く女性たちがメンバー。

いくつかのサブチームに分かれて、女性活躍推進を目指して
様々な活動がなされている。私が参加しているチームは、
トップへの働きかけチーム。

昨日の夜、トップへの働きかけチームと行政とのネットワークチーム
の両チームが共同で、神戸市長との懇談会を開催。VAL21では
新参者の私が、司会の大役を務めさせていただくことに….。

定刻の午後6時半から市長を囲んで、20余名の女性達が
ざっくばらんな雰囲気の中、女性活躍推進や子育て支援など、
多岐にわたる内容の質問を投げかけた。その一つ一つに
とても丁寧に、お答えくださった市長。

中には、市長ご自身の、ワーク・ライフ・バランス実現に関する質問も。
それに対して、市長は、『いやぁ、うちは、子どもが二人いたけど、
子育ての最盛期は、仕事、仕事の毎日で、時には日付けが変わってから
帰宅することもあった位。妻から、本当にあなたは何もしてくれないと
言われ続けて責められていた』と頭を掻かれながら反省の弁。
更に、『うちは3世帯同居だったので、妻も働いていたが、子育ては
母が手伝ってくれたので助かった』と、3世帯同居の利点を紹介。

こうして、和やかな雰囲気の中、終了予定の8時半となり、市長との
懇談会は終了。至らない点も多々あったかもしれないが、VAL21に
参加して、初のイベントで大役を果たせたことに、ホッとひと安心。


カテゴリー: 日記 パーマリンク