福島大臣と会見

12月18日、内閣府で、福島瑞穂男女共同参画担当相とワーク・ライフ・
バランス(WLB)についての意見交換会が実施され、県の清原理事、
ひょうご仕事と生活センターの北条センター長と共に参加。
自治体の先駆的な取り組みを内閣府も参考になさりたいとのことで、
兵庫県と福島県の関係者が招かれた。

清原理事、北条センター長が県の事業やセンターの事業の説明を一通り
終えられた後に、センターにおいて、相談・実践支援業務を行う中で、日頃
目にする企業の方たちの反応などについて、私も意見を述べた。

兵庫県が全国に先駆けてこの6月に開設したひょうご仕事と生活センター
の事業内容について、大臣が関心を寄せてくださったということは、大変
名誉なことと嬉しく思う。

大臣は、「兵庫県の取り組みを各自治体にも広げ、国としても政策を転換
してゆきたい」と述べられ、約1時間の意見交換会が終了。

11月後半から目白押しだったイベントも、どうやらこれで最後。
細かい部分では反省すべき点も多々あるが、体調を崩すこともなく、
なんとかすべて、無事にやり通せた自分に乾杯!

今年も残すところ、あと4日。来年は、どんなイベントがあるのやら…..。
明日28日が、今年のセンター最終出所日。新年は4日から。
新年に向けて、ワクワク、ドキドキしつつも、年の瀬は、できるだけ、
のんびりと過ごしたいものだ。


カテゴリー: 日記 パーマリンク