出さないと入らない!

早朝ピラティスで先生がおっしゃった言葉。
「出さないと入らないですからね。」
ピラティスは深呼吸をしながら、無理なく体を動かす運動。

先生がおっしゃった言葉の意味は、ちゃんと十分に息を
吐き出さないと、十分に息を吸い込めないということ。
十分に息が吸えないということは、十分に吐けないという
ことで、これでは深呼吸ではなく、まさに悪循環となる。

この言葉、結構深~い意味があることに気付いた。
ワーク・ライフ・バランスの講演をする時にいつも話すこと
を思い出した。
『1日は誰にとっても24時間。その中で、何か新しいことを
するためには、何かしていることを追い出さないと(つまり
今していることをやめないと)ダメだということ。』

人間の脳のキャパシティ(容量)にも限度があるため、何かを
忘れないと新しいことは入らない(あるいは入っても残らない)
という話もどこかで聞いたことがある。

『出さないと入らない。』
シンプルだけど、含蓄のある言葉だ。


カテゴリー: 日記 パーマリンク