磁気のせい?!

昨日、姫路に向け出発するまでの間、
出かける準備をすべて終え、自室で仕事をしていた。
腕時計で何度か時間を確認し、
まだ出発までに30分近くあった(と少なくとも腕時計の針は示していた)。

[写真]時計と手帳

仕事が一段落したので、居間に行き、
そこにある置時計を見た途端、思わず絶叫。
なんと、出発予定時間を30分近くも過ぎているではないか!
腕時計が止まっていたのだ。大慌てで駅まで走り、
JR芦屋までタクシーを飛ばす。
幸い、講演開始時間には十分間に合ったが、
腕時計だけを頼っていたことに対する自責の念でいっぱい。

これが電池式時計の恐ろしさだ。
かつては、これが怖くて目覚まし時計はずっとネジ巻き式を愛用していた。
が、ついに壊れてしまい、今は恐怖の電池式目覚まし時計を使用。
携帯電話の目覚まし機能と併用することもあるが、
自室は電波が届きにくく、本来の携帯としての機能を果たさないことになる。

今日、梅田に出たついでに電池交換をしてもらおうとしたら、
電池はまだ十分あり、磁気を帯びたための誤作動とのこと。
「一応、磁気ぬきはしましたが、また誤作動が起こった場合は、
メーカーに出されたほうがいいですね。
最近、バッグや財布の留め金、アクセサリーなど、
身の回りに磁気製品がたくさんあるので、
よくこういう誤作動が起こるんですよね」と言われた。

あなどれない、磁気パワー!


カテゴリー: 日記 パーマリンク