宝の持ちぐされ?!

京都の帰り。
河原町から梅田行きの阪急電車に飛び乗る。
多分、これが梅田までの最終。
さて、終電に飛び乗ったまではよいが、
一緒にいた大阪在住の元同僚宅の
最寄り駅までの電車がまだあるかが不安に….。
そこで偉そうに「私がiモードで調べてあげるわ」と
慣れない手つきで携帯電話の操作を開始。

ところが、なかなか知りたい情報が入手できるページにまで行きつけない。

途中、電波の状態が悪い場所もあったり、
次に進むつもりが間違ったキーを押してしまったりで、
やり直すこと、ひとしきり。
ついに、隣に座っていた大学生風の男性が見るに見かねて、
「もしよかったら、僕、やりましょか。どこまで帰りたいんすか」と尋ねてくれた。
彼の親切な申し出を、私たちがありがたく受け入れたことは言うまでもない。

なんのためのiモード付き携帯電話なのか….。これって、まさに宝の持ちぐされ?!


カテゴリー: 日記 パーマリンク