うちの大きなネズミ事件!

広島へ出張に出かける直前の今朝。
東京に住む友人のSさんから、大きな箱が届いた。
少し前に、Sさんからは
『今度、センターの開所祝いをご自宅に送るから、
センターに持ってって、皆さんで召し上がってね』とのメールは頂いていた。
電車の時間が迫っていたので、とりあえずそのまま箱は開けずに出発。

[写真]鳩サブレー箱

広島から戻り、夕食をとっている時に、同居している母が、
『Sさん、たくさん鳩サブレー送ってくださって…。』と発言。
一瞬、何のことかピンと来なかったのだが、
開梱していない筈の箱の中身が、
あの鎌倉名物の鳩サブレーだということを
知っているのはどういうことか、
と想像した途端、冷や汗が流れた。

『もしかして、箱、開けたん?』ときくと、
母は涼しい顔で、『うん、開けて何枚かいただいたわ』と答える。
『えぇっ!あれは、Sさんがセンターの開所祝いに、
スタッフの皆さんでと送ってくださったのに、
なんで勝手に開けて先に食べるんよ~!』と叫ぶ私。
『だって、鳩サブレー、久しぶりやし、食べたかってんもん』と母。
時間が経つにつれ、ことの重大性に気付いた母は
『どうする?ネズミが出てきて食べたって言う?』
と理不尽な言い訳を考え始めた。

翌朝、センターに若干量が少なくなったお菓子を持参し、
『すみませ~ん。コレ、東京のSさんから贈られた開所祝いなんですが、
実は、うちに大きなネズミが一匹いまして、
私がいない間に勝手に開けて先に食べちゃったんですぅ』
と言い訳をする私。
『そのネズミっていったいどんなネズミなんでしょうねぇ』と微笑むKさん。
ホントに、うちの大ネズミには困ったものだ!


カテゴリー: 日記 パーマリンク