ひょうご仕事と生活センター メルマガ8月号(第3号)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

───────────────────────<2010年08月19日発行>

 「仕事」と「生活」の相乗効果が個人と組織をハッピーに!!
         ~センタースタッフ奮闘記~

─────────────────────────────────

ひょうご仕事と生活センターで相談・実践支援事業を受託しております
 株式会社ダイバーシティオフィスKITAO代表の北尾真理子です。

 私たちは日々、ダイバーシティ(多様性)を推進し、ワーク・ライフ・
 バランスの実現に向けて、企業様への訪問活動やセミナー実施、
 フォロー等の支援を行っています。

 個人や組織の幸せ実現への活動支援を行う奮闘記を配信いたします。
 どうぞ、お楽しみください!!

 尚、今後このメールがご不要の方は、お手数ですが、下記配信解除より
 お手続き願います。

 登録・メールアドレスの変更、解除はホームページから
 アドレス http://diversity-kitao.co.jp/

——————————————————————

 第3号
 発行日:2010年8月19日木曜日(月刊)
 発行 :財団法人兵庫県勤労福祉協会 ひょうご仕事と生活センター
     (当センターは兵庫県からの委託事業を行っています)

─<目次>─────────────────────────────

1.ご挨拶
 2.事例紹介番外編「当センターきっての詩人でありアーティストである
          岩本龍平が皆様に熱く語りかけます!!」
 3.北尾真理子のコラム 「真理子のひとりごと」
 4.セミナー、イベントなど各種ご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1.ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今号では、まず、皆様に、お礼を申し上げます。

 来る8月25日、当センター主催の医療・福祉業界管理職対象の喜田菜穂子
 (有限会社OFFICE HARMO代表)講師による、公開セミナー、『コーチン
 グのプロが教える、風通しを良くする!!コミュニケーション研修』で
 すが、申込締切の8月10日を前に、定員50名に対して、100名を超える方
 々からお申し込みをいただきました。

 定員を超えた時点で、それ以降にお申し込みいただいた方にはキャンセ
 ル待ちをしていただくことになりました。

 連日、次から次へと届くお申し込みに対して、スタッフ一同、まさに嬉
 しい悲鳴を上げながら対応。当セミナーにお申し込みくださった方々に、
 お礼申し上げますとともに、今回ご参加いただけなかった皆様に深くお
 詫び申し上げます。

 どうもありがとうございました。

 さて、メルマガ第2号発信後も、有り難いことに何名かの方からコメン
 トを頂戴しました。

 その内のお一人は、ある地方自治体で男女共同参画関連のお仕事に従事
 されている方で、昨年、当センターまで、ヒヤリングにお越しくださり、
 色々とお話させていただきました。

 その後、ワーク・ライフ・バランス推進研究会を立ち上げ、導入マニュ
 アル作成に取り掛かられたり、企業サポートチームをつくり、企業にア
 ドバイザーを派遣することを考えられたり、と着々と準備を進めておら
 れるとの近況報告を頂戴しました。

 こうして各自治体が、ワーク・ライフ・バランス推進に向けて『うねり』
 を起こしてくださることにより、徐々に社会を変えることができるもの
 と信じています。

 社会を変えるためには「『出来ない』から『出来る』」に、という熱い
 気持ちで前進あるのみですね!

 お一人の方からは、職場の男性諸氏にはいくら話してみても、どうもワ
 ーク・ライフ・バランスのことがピンと来ないみたい、とのご意見をい
 ただきました。

 この方とは、近々、女性二人でおいしいものでも食しながら、ワーク・
 ライフ・バランスについて熱く語り合おうとひそかに盛りあがっていま
 す。

 読者の皆様、これからもどしどし、ご意見、ご質問等をお寄せください。
 皆様からの生のお声が届くことをスタッフ一同、心から楽しみにしてい
 ます。

 北尾真理子
 ひょうご仕事と生活センター 主任相談員
 株式会社 ダイバーシティ オフイス KITAO代表
 ダイバーシティ コンサルタント
 プロフィール:http://diversity-kitao.co.jp/staff/kitao/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2.事例紹介 「当センターきっての詩人でありアーティストである
        岩本龍平が皆様に熱く語りかけます!!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 目の前にそびえたつ高くて厚い壁。
 しっかりと閉ざされた扉。

 こんにちは
 ひょうご仕事と生活センターの相談員です。
 けっしてあやしい者ではありません…。
 ワーク・ライフ・バランス(以下WLB)という、とても素晴らしい贈り
 物をお届けにまいりました。

 のぞき窓から一瞥して・・・
 閉ざされた扉の奥から「うちは、いらん!」というところ。
 話だけは聞いてやろうというところ。
 開け放たれた扉もありますが…奥の部屋までは入れません。
 ひとつの扉の中に招き入れられたとしても、私の前には、いくつもの
 扉が続きます。

 WLBという素晴らしい贈り物を、
 とても断ることが出来ないくらい魅力的な提案に包んでお届けするの
 が私の仕事です。

 「良すぎて、断るにはあまりに惜しい提案」(※)を!あなただけへ
 のプレゼント!

 まず、最初の扉には「WLBに興味を持たない」のカードが掛っていま
 す。

 「知らないことに対するおそれ」です。

 人は、新たな、急な変化に対しては抵抗(※)するものです。
 ここはしっかりと説明し誤解を解き、WLBを正しく理解していただき
 ます。WLB推進度合いは情報の量に比例するようです。

 2番目の扉には「WLB問題の存在に同意しない」(※)のカードが掛っ
 ています。

 他から問題の提示を受けたとしても、それが自分自身の問題として認
 識できないことを指しています。(手強い相手です)

 ここで言うWLBの問題とは…WLB推進を妨げる個々の問題や課題(残業
 が多い、人員不足によるオーバーワーク、意見が言いにくい職場環境
 …など)の事です。

 担当者自身も日々の業務の中で、様々な課題、問題に頭を悩ませてい
 ます。組織が大きくなればなるほど、目の前で日々発生する諸問題に
 目を奪われ、WLB推進の取り組みの優先順位が低く、推進・実現に向
 けての行動を取る事が難しくなります。

 WLB問題がある事は理解しているが、「自分たちはそれどころじゃな
 い」と同意せず、後回しにしてしまう…

 企業によって環境は様々であり、急に取り入れる事は非常に困難です
 が、一度、考えてみませんか?会社のため、社員のため、自分のため…

 WLBを推進するためには「働く仕組みや制度の整備」と「意識の改革」が
 車の両輪として必要であり、制度だけ整備してもうまく機能しません。

 それをうまく活用する人や受け入れる職場環境があってこそ活きた制
 度となるのです。
 せっかく制度が整って来てもうまく活用しなければ、権利意識・自己
 主張ばかりが目立ってくる。
 気をつけなければ自ら制度の広がりを狭めることになりかねません。
 皆が協力するという職場環境こそ大切にしなければならないのです。

 では、次の扉をたたいてみましょう…。

 WLBの伝道師 岩本龍平          

 ※(稲田公夫著作:
   TOC革命「変化に抵抗するプロセス」より一部引用)

 岩本龍平
プロフィール:http://diversity-kitao.co.jp/staff/iwamoto/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●3.北尾真理子のコラム「真理子のひとりごと」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 暦の上では立秋を過ぎましたが、いまだに一歩外に出ると、照りつける
 太陽の光のもと、瞬時にして汗だくになってしまう私です。

 年々、夏の暑さがこたえるようになってきました。

 とは言うものの、さすがに立秋以降は、朝夕、少し暑さが和らいだよう
 な感じもいたします。

 ちょうど立秋の日の8月7日、研修講師として篠山まで行ってきました。
 会場は、駅から少し離れた場所にある「ユニトピアささやま」という、
 自然豊かな、緑あふれる素敵な所でした。

 無事に研修を終え、帰り道、一種の達成感と心地よい疲れにひたりなが
 ら、敷地内を走る送迎バスの車窓から景色を眺めていると、なんと、赤
 とんぼが飛んでいました。

 立秋と共に訪れた初秋の風物詩、赤とんぼ……。

 暑い、暑い、と言っているうちに、季節は明らかに移り変わっているん
 ですよね。
 自然の力に改めてチョッピリ感動した次第です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●4.セミナー、イベントなど各種案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■募集中

 1)仕事・家庭・育児・出産…
   「大丈夫」HAPPYママ・キャリアプラン
   ~大丈夫を自分で感じるセミナー~

 『働きたいのか、育児に専念したいのか、自分の本心は…?』
 『出産後も働きたいが、子育てと仕事の両立が出来るか不安…』
 女性としての進路で迷われている方を対象としたセミナーです。
 育児と仕事を両立してこられた講師の経験談も参考になること間違いな
 し!!

 【日程会場】平成22年10月9日土曜日 13時30分~16時
       加古川会場:JAビル 3階 セミナールーム
       (加古川市加古川町寺家町45番地)

平成22年10月15日金曜日 13時30分~16時
  神戸会場:神戸市立総合福祉センター 4階 第2会議室
       (神戸市中央区橘通3-4-1)

 【定  員】各50名
       ※申込者が定員数に達した場合、受付終了とさせていただ
        きます。
 【対  象】妊婦さん、これから出産を考えている方、現在育休中で仕
       事への復帰を考えている方  
 【参 加 費】無料
 【締 切 日】平成22年10月1日金曜日

——————————————————————

 2)平成22年度 最先端企業見学ツアー

昨年度に続き、今年度も下記のとおり企業見学ツアーを実施いたします。
 今回は岐阜県にある企業を訪問します。お申し込みお待ちしております。

 【日  程】平成22年11月25日木曜日~11月26日金曜日 1泊2日
 【訪 問 先】1.未来工業株式会社
        (残業ゼロ、大型連休…型破りのカリスマ経営者
         山田相談役の講演!)

       2.株式会社加藤製作所
        (従業員の50%がシルバー世代。高齢者雇用を積極的に
         行い、365日の工場稼働をほぼ実現!)

       3.株式会社サラダコスモ
        (高齢者・障害者雇用、岐阜の緊急時の食料確保
         …地域に根差した経営とは?)

 【募集人数】25名(最小催行人数20名)
       ※申込者が定員数に達した場合、受付終了とさせていただ
        きます。
 【参 加 費】29,800円
 【締 切 日】平成22年11月1日月曜日

——————————————————————

 3)平成22年度 ひょうご仕事と生活のバランス企業表彰

 多様な働き方の導入や、仕事と家庭生活の両立の促進等仕事と生活のバ
 ランス推進の先進的な取り組みを実施している企業・団体等を表彰しま
 す。

 自薦のほか、労働組合、従業員団体、業界団体等による他薦も可能です。
 被表彰企業の取組みは、センターの情報誌等で紹介させていただきます。
 ご応募お待ちしております!!

 【 締 切 日 】平成22年8月31日(火)必着
 【お申し込み】応募用紙に必要事項を記入の上、当センターまで郵送
        又は持参してください。
応募用紙はこちらからダウンロードできます。
http://www.hyogo-wlb.jp/sesaku/

        〒650-0004
        神戸市中央区中山手通7丁目28番33号
        兵庫県立産業会館2階 ひょうご仕事と生活センターまで

 【 選 考 】審査委員会での選考を経て、被表彰団体を決定
 【 表 彰 式 】日時:平成22年11月17日水曜日 15時~17時
        会場:兵庫県公館 第1会議室

——————————————————————

■随時募集中

 1) 北尾真理子と学ぶダイバーシティとワーク・ライフ・バランス

 センター主任相談員の北尾真理子が、あなたの会社を訪問し無料で講演
 いたします!

 参加者の皆様から「ワーク・ライフ・バランスの、本来の意味を再確認
 できて、良かった」などのうれしいコメントを多数いただいております!!

 講演日時・講演内容等は、ご要望に応じて臨機応変に対応させていただ
 きます。この機会にぜひお申込み下さい!

 【募集期間】随時
 【参 加 費】無料
 【お申込み】詳細・お申込みにつきましては下記ホームページをご参照
       ください。
http://diversity-kitao.co.jp/

 ※ 兵庫県内の事業所に限ります

——————————————————————

2) 北条勝利と学ぶワーク・ライフ・バランス

 当センターのセンター長である北条勝利及びセンター相談員が、あなた
 の会社を訪問し、無料で講演いたします!

 播州弁で語るアツい口調が大好評!!

 講演日時・講演内容等は、ご要望に応じて臨機応変に対応させていただ
 きます。

 多様な経験に裏打ちされたアツい話を、ぜひ聞いてみませんか?

 【募集期間】随時
 【参 加 費】無料
 【お申込み】詳細・お申込みにつきましては下記ホームページをご参照
       ください。
       http://diversity-kitao.co.jp/

 ※ 兵庫県内の事業所に限ります

─<編集後記>───────────────────────────

 皆さま、第3号はいかがでしたか?

 さて先月、センター外部相談員としてご登録いただいております先生方
 と、センタースタッフによる初のセンター主催の勉強会を行いました。

 目的は、目指す方向性の確認、情報共有、絆を深めることでした。

 引き締まった雰囲気の中で勉強会はスタート。センターの概要説明から
 始まり、北尾主任相談員によるワーク・ライフ・バランス(WLB)実現
 に向けてと題した講義、その後グループディスカッションを行いました。

 グループワーク中は、至る所から和気あいあいとしながらも、白熱した
 議論の声が聞こえました。

 グループによって考え方・とらえ方が様々で、予定時間をオーバーする
 ほどの中味の濃い時間となったようです。

 先生方のセンター事業への取り組み方や、WLBに対するお考えを伺うこ
 とを通して、センタースタッフも共に勉強させていただき、充実した時
 間が過ごせました。

 引き続き、懇親会にも、多数の先生にご出席いただきました。

 ほんのりお顔を赤くされていた先生もいらっしゃり、リラックスして参
 加いただけたようで、嬉しい限りです。
 (最後には、センタースタッフからハッピーな報告がありました!)

 勉強会・懇親会の模様は北尾組のブログで紹介していますので是非ご覧
 ください!

 今秋以降もセンターではイベント盛りだくさんです。
 皆様、どうぞお楽しみに!!

 川村愛子
 プロフィール:http://diversity-kitao.co.jp/staff/kawamura/

━<発行>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 財団法人兵庫県勤労福祉協会 ひょうご仕事と生活センター
 株式会社 ダイバーシティ オフィス KITAO

 ご意見、ご要望はこちらのアドレスまで、ドシドシお寄せください。

お問い合わせ  info@hyogo-wlb.jp
 ホームページ  http://www.hyogo-wlb.jp/
 ブログ     http://diversity-kitao.co.jp/
 
 バックナンバー http://diversity-kitao.co.jp/category/backnumber/
 
 Copyright (C) 2010 Diversity Office KITAO All rights reserved.
─────────────────────────────────


カテゴリー: メルマガ パーマリンク